レトロゲーのデータベース、考察

どれも一長一短の出来栄えであと一歩名作に届かない印象のあるドラゴンボールのカードバトル系RPGのシリーズ。
本作でもイベントでしかキャラが成長しないためザコ戦をするうま味がない上に戦闘が長引きやすいデメリットがあるが
「アイテムを利用した戦略的な立ち回りが可能」「キャラバランスが比較的良好」「序盤から最終ダンジョンの攻略を見据えてプレイしないと厳しい」「隠し要素が豊富」
などといった部分が個人的に気に入っている。ストーリーもイマイチな展開が多いがオリジナルストーリーのため過去作みたいに中途半端に終わったりすることがない。



各カードについて


通常攻撃の強さ
気>体投>拳蹴>光斬瞬爆分

技への使用頻度
カードゴクウゴハンピッコロトランクスベジータ合計備考
0------6--2----4---315頻度高めだがゴクウだけ全然使わない。
--------8---3---3---3----421ゴクウだけが突出して頻度が高い。ベジータも重要度は高め。
-----5-----5-----5-1------622使用頻度はかなり高い。意外とトランクスが全然使わない。
00-1-1---35ほとんど使わないが通常攻撃のエフェクトが短いから良い。ベジータ以外は使用する技自体もあまり強くない。
0000---33ベジータしか使わない。エフェクトが短いので良い。
--2----4---3-----5-115頻度高め。ゴハンとトランクスが良く使う。ピッコロも「まげきほう」で使うので重要度も高い。
---3-1--2--2-19あまり使わない。ゴクウはこれの重要度が高い。
--20--2--2-17ほとんど使わない。
----4---3------6--2------621頻度高め。通常攻撃はエフェクトが長い上にダメも低いので積極的に必殺技に組み込みたい。
--2-1----4-1-19れんぞくエネルギーは(まこうほう)以外では全然使わない。

ゴクウ

最大HPが高く3位のベジータより1000も高い。通常攻撃力も技威力も高い。
しかし従来作みたいに彼がいれば万事解決…というほど壊れた強さではない。
全体攻撃が無いことや2、3枚技に乏しいことに加えカードが「拳」に偏りすぎでいるため
技が出しにくいなどの欠点もしっかりある。
ただ全体技は無いが彼だけ「たいようけん」のような敵封じ技を持っている。
それに技を使わずとも単純に殴っているだけでも十分に強い。この辺りは実に悟空らしい。

最大HP:9000(2位)
通常攻撃威力:高(「気」カード+バトルマーク+星Zで330)
最大威力の技:スーパーかめはめは(1320)
最大効率の技:スーパーかめはめは(264.0)
ターン最大威力:スーパーかめはめは+きあいほう=4400(1位)
技名アレンジメント巻物必殺技アイテムor星7(1枚当)バトルマーク+星Z(1枚当)備考
きこうは拳光×308(154.0)770(385.0)弾かれたりザコに吸収されたりする。
かめはめは体爆光×572(190.6)1430(476.6)代表技。ダメージ効率はそこそこ。
スーパーかめはめは拳拳体爆光×1320(264.0)3300(660.0)5枚技&カットイン技。全キャラ中最高ダメ且つ最高効率。
たいようけん光体--1ターン動き封じ+回避不可にする効果。チャオズと使い分ける。
きあいほう爆爆440(220.0)1100(550.0)効率高めの2枚技
ちょうきこうは拳拳拳光880(220.0)2200(550.0)効率高めの4枚技。「拳」使いすぎ問題。
れんきだん拳分拳分704(176.0)1760(440.0)効率は並程度。あまり使わない「分」を使えるが「拳」がほかの強い技と被る。
きとうほう瞬瞬投投×660(165.0)1650(412.5)知らない人が多そうな技。効率はやや低めだが「投」を使えて他の技と被りがない。

ゴハン

カードバトルRPG系DBZゲームの伝統で悟飯は初期HPも技威力も低いが
最終的にHPだけはトップクラスに高くなるという特徴があるが本作もそれをしっかり踏襲してる。
セルゲーム前後の悟飯ならもうちょっと攻撃力が高くても良かったと思うが。
彼だけ唯一最大効率の技が無い(必殺技アイテムで264.0の技)のが寂しいところ。ターン最大火力もダントツで低い。
ただHPは高いので継戦力があり、威力は低いが3枚技が豊富なためわりと技は出しやすい。

最大HP:9500(1位)
通常攻撃威力:低(「気」カード+バトルマーク+星Zで286)
最大威力の技:げきれつませんこう(1144)
最大効率の技:げきれつませんこう(228.8)
ターン最大威力:まこうほう+げきれつませんこう=3520(5位)
技名アレンジメント巻物必殺技アイテムor星7(1枚当)バトルマーク+星Z(1枚当)備考
まこうほう拳光264(132.0)660(330.0)弾かれたりザコに吸収されたりする。ゴハンの魔光砲は珍しい。
ませんこう光気気352(117.3)880(293.3)効率がかなり低い。そのまま殴るよりはマシ程度。「ちょうまだん」と2枚の被り。
れんぞくまこうほう瞬瞬分爆352(88.0)880(220.0)全体攻撃。ザコ散らしに使える。
ばくさいまだん気瞬爆440(146.6)1100(366.6)「ちょうまだん」と2枚の被りがあり揃えやすい。
かめはめは体爆光×528(176.0)1320(440.0)他の3枚技と被りは少なめだが効率は最も高い。
ちょうまだん気瞬光×484(161.3)1210(403.3)「ませんこう」「ばくさいまだん」と2枚の被り。揃えやすい。
げきれつませんこう拳拳光気気×1144(228.8)2860(572.0)5枚技&カットイン技。ゴハンの最大威力&最大効率技。

ピッコロ

本作で唯一サイヤ人ではないパーティキャラ。
5枚技の威力が低く必殺技アイテムを使う物量戦にはあまり強くないが
その代わり5枚技が2種類あるなど技の豊富さは健在。
ややカードが偏り気味ではあるが2,3枚技のダメージ効率が良く使いやすい。
「まげきほう」は2枚技ながらダメージ効率はスーパーかめはめは等と同値。
通常攻撃も悟飯やトランクスより強めだが最終的なHPの低さからワンランク下位のキャラとなるか。

最大HP:7000(同率4位)
通常攻撃威力:中(「気」カード+バトルマーク+星Zで308)
最大威力の技:まくうほういだん(792)
最大効率の技:まげきほう(264.0)
ターン最大威力:まげきほう×3+「気」=4268(3位)
技名アレンジメント巻物必殺技アイテムor星7(1枚当)バトルマーク+星Z(1枚当)備考
まこうほう拳光×264(132.0)660(330.0)弾かれたりザコに吸収されたりする。
ばくれつまこうほう光光爆528(176.0)1320(440.0)「まくうは」とアレンジメントを間違えやすい。効率は並。
まかんこうさっぽう気気体体爆×704(140.8)1760(352.0)5枚技その1&カットイン技。かっこいいが威力は全5枚技中最低。効率も最低クラス。
まくうほういだん分分分爆投792(158.4)1980(396.0)5枚技その2。最大威力だが効率は魔貫よりちょい上くらい。
あまり使わない「分」「投」を使う。回避不可みたいな効果は無い。
まげきほう瞬光528(264.0)1320(660.0)2枚技にして最高効率技。実質の爆力魔波か。
げきれつこうだん拳拳斬投616(154.0)1540(385.0)いくつかのゲームでは最強技だが本作では威力&効率ともに低い。
あまり使わない「斬」「投」を使う。他の技との被りが少ない。
まくうは爆爆光×572(190.6)1430(476.6)「ばくれつまこうほう」とアレンジメントを間違えやすい。効率はそこそこ良い。
れんぞくまこうほう瞬瞬分爆×264(66.0)660(165.0)全体攻撃だが何故か他キャラより威力が低い。必殺技アイテムで使うなら他のキャラで。

トランクス

最大HPも通常攻撃力も低く、技の種類も少ないなど不遇(剣を持たせても良かったと思うが)。
だが然程それを感じさせないのは「バーニングアタック」、「フィニッシュバスター」の
威力の高さによるものだろう。前者は3枚技ながらピッコロの5枚技に比肩する威力で
後者はカットイン技でもないのに悟飯の「げきれつませんこう」より強い。
ただピッコロ同様に最大HPの低さの穴は埋められずやはりワンランク下位キャラとなるか。

最大HP:7000(同率4位)
通常攻撃威力:低(「気」カード+バトルマーク+星Zで286)
最大威力の技:フィニッシュバスター(1188)
最大効率の技:バーニングアタック(264.0)
ターン最大威力:バーニングアタック×2+「気」=4246(4位)
技名アレンジメント巻物必殺技アイテムor星7(1枚当)バトルマーク+星Z(1枚当)備考
エネルギーは拳光264(132.0)660(330.0)弾かれたりザコに吸収されたりする。
バーニングアタック気瞬爆792(264.0)1980(660.0)カットイン技&最高効率技。カードも揃えやすい。
パルサークラッシュ瞬瞬気斬660(165.0)1650(412.5)効率は並。バーニングより威力で劣る上にカードが2枚被る。
れんぞくエネルギーは瞬瞬分爆×352(88.0)880(220.0)全体攻撃。ザコ散らしに使える。
フィニッシュバスター拳拳気体投×1188(237.6)2970(594.0)5枚技&最高威力技。エフェクトは地味だが「げきれつませんこう」より威力が高い。
ゴッドブレイカー気体投528(176.0)1320(440.0)効率は並。あまり使わない「体」「投」を使う。

ベジータ

ストーリーモード中では常にオート戦闘のため扱いづらいが
通常攻撃力も技威力も高くアレンジメントも他キャラより簡略化されており非常に揃えやすい。
技自体も豊富で10種類あるカードの漢字のすべてを使用することが出来る。
攻撃性能だけなら孫親子を超える強さを持っているが最大HPで彼らより
1000以上も差をつけられているためトータルで見ればどっこいどっこいといったところか。

最大HP:8000(3位)
通常攻撃威力:高(「気」カード+バトルマーク+星Zで330)
最大威力の技:ファイナルフラッシュ(1320)
最大効率の技:ビッグバンアタック,ファイナルフラッシュ(264.0)
ターン最大威力:ギャリック砲+ビッグバンアタック=4290(2位)
技名アレンジメント巻物必殺技アイテムor星7(1枚当)バトルマーク+星Z(1枚当)備考
エネルギーは拳光×308(154.0)770(385.0)弾かれたりザコに吸収されたりする。
れんぞくエネルギーは分光×352(176.0)880(440.0)全体攻撃で2枚で使用可。威力も4枚のゴハン達と同ダメージの高性能。
ギャリックほう拳瞬爆660(220.0)1650(550.0)効率高め3枚技。エフェクトが弱弱しいがかめはめはより強い。
きえんざん気投斬616(205.3)1540(513.3)ギャリックには劣るがこちらも強い。「投」「斬」を使える。
ビッグバンアタック爆爆蹴拳×1056(264.0)2640(660.0)最高効率の4枚技。覚えるのが難しい。
アレンジメントも難しく個人的にリアルタイムで習得出来なかった技。
まさか「蹴」を使うとは…。
ファイナルフラッシュ爆爆光光光1320(264.0)3300(660.0)5枚技&カットイン技。全キャラ中最大威力&最大効率。カード偏りすぎ問題。
ばくはつは気爆352(176.0)880(440.0)れんぞくエネルギーはと同値。単体に使っても強い。
しょうげきは拳気×264(132.0)660(330.0)エネルギーはより威力が低く他の技とカードが被る。
他に何も組み合わせられないときに使う。
ギガブラスター体斬斬×528(176.0)1320(440.0)威力は並。あまり使わない「体」「斬」を使える。
フォトンボンバー蹴蹴光×484(161.3)1210(403.3)威力は並。他では全然使わない「蹴」を使える。

アイテムについて

アイテムは戦闘中に使うたびにそのキャラの使用できるカードの枚数が
1枚ずつ減っていくため、アイテムがある限り無限に使用できるわけではない。

本作では自身のカード手札の星が1から7までが揃ったときにアイテム「シェンロン」が手に入る(漢字がすべて同じだと「ポルンガ」になる)。
比較的入手条件がやさしく、2種のアイテムを自由に選択できるためアイテムを利用した戦略的な立ち回りが比較的容易なのが本作の特徴。
これは「神経衰弱」が出来た「強襲!サイヤ人」以来の調整。

名称効果備考
せんず戦闘不能を回復
戦闘不能でないキャラは完全回復
蘇生アイテム。戦闘不能でないキャラも回復できるので便利。
一部イベントでも使用するので持っておいて損は無い。
ちょっとかいふく最大HPの半分を回復「ちょっと」ではない回復量。狙って取る必要はないがあると便利。
ぜんかいHPを全回復使えるアイテムだが狙ってとるなら「せんず」のほうがいい。
テンシンハン「ししんのけん」で攻撃全体に165ダメージ。カート1枚当たりのダメージ効率を考えると悪くない威力。
「ひっさつわざ」+「れんぞくエネルギーは」と違いアイテムさえあれば連発できるというメリットもある。
キンカーンの群れならすべて一撃で倒せる。
クリリン「かくさんエネルギーは」で攻撃「テンシンハン」と同性能。「ししんのけん」と違い弾を弾かれることがないが
ここに差があるのかどうかはよくわからない。
ヤムチャ「そうきだん」で攻撃単体に220ダメージ。グーレ程度の敵なら一撃で倒せる。エフェクトがすごく短い。
「クリリン」等に比べると微妙だがライチー戦で「ひっさつわざ」と併用すると
ヤムチャ×α+「ひっさつわざ」の5枚技等の組合せでターン内のダメージを底上げできる。
チャオズ「ちょうのうりょく」で攻撃1ターン行動封じ+攻撃回避不可にする効果。「たいようけん」と同性能。
アイテムがある限り連発できるのがメリット。最終ダンジョンの各ボス戦で非常に有用。
相変わらずカードバトルDBZのチャオズは強い。
ひっさつわざ覚えている必殺技を使用する最終ボス戦で非常に重要になるアイテム。
一応他のアイテムと違って一度使うと即そのキャラのターンが終了してしまうというデメリットがある。
2まいプラス使用できるカードを2枚プラス序盤で早期に5枚技を習得させたりするのに使える。終盤は全く使えない。
テレポート指定した場所までテレポートする(フィールドのみ)本作ではザコ戦をするメリットが薄いので非常に有用。アレンジメントを覚えきったら
どんどん使っていっていい。ダンジョンで使用できないのが難点。
インフォメーションストーリー攻略のヒントが見られる対したヒントは聞けないし、よく自分で考えろみたいなことを言ってくる。
さかさまカードの星の強さが逆転する手札や敵の残りHP状況によっては使える。
もう一つ同じアイテムを使うか「ひっさつわざ」を使うと効果が消えることも覚えておくとよい。
パワーレーダー敵のHPを見ることが出来るあまり使うことはないか。
ルーレットルーレットで出たアイテムが手に入るTAS動画だとポルンガ出して自由にアイテム生成とかが出来るが通常プレイではそうはいかない。
とりかえ次に補充されるカードを選択できる星Z+バトルマークのカードを作っておけば、ボス戦で開幕から最大火力の5枚技を撃ったりできる。
みんなかいふく全員を最大HPの半分回復イベントで複数キャラのHPを減らされることもあるため複数持っておくとよい。
全体攻撃を多用する隠しボス戦でも有用。
シェンロンアイテムを2つ貰える本作における最重要アイテム。移動中はこれを手に入れることを意識してカードを切っていくことになる。
ポルンガアイテムを3つ貰える「シェンロン」よりも効果は上だが入手条件が「シェンロン」より厳しすぎるのが難点。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ロックマン、ロックマンX


ロックマンXについて

※このWikiではロックマンX5,ロックマンX6,ロックマンX8を全力で肯定します。

ロックマンX

ロックマンX2

ロックマンX3

ロックマンX4

ロックマンX7

ロックマンX8

ヴァルキリープロファイル

■キャラクター

〇戦士系

☆魔導師系


★私的戦士系キャラランク
★私的攻撃魔法ランク

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記

管理人/副管理人のみ編集できます